ダイエットクリニックで注意されることが多い食生活3選
2016年7月23日 admin

野菜ばかり食べる食生活

ダイエットクリニックに相談に来る患者は食生活に関して指導を受ける場合がよくあります。ダイエット中のカロリーを減らしながら、野菜も不足しないようにと、野菜ばかりを食べる食生活を送っている人は注意を受けることになるでしょう。野菜は意外に量が少なくてエネルギーが不足し過ぎになる場合が多いことに加え、野菜ばかり食べているとタンパク質の不足が起こりやすいのが特徴です。また、サラダのドレッシングのカロリーで太っている人もいるのでよく指摘が行われます。

朝食抜きで過ごす毎日

食事のカロリーを減らそうと朝食抜きで毎日を過ごしている人もダイエットクリニックで厳しい食事指導を受けるでしょう。食べないのは最も効果的なカロリー制限の方法ですが、二つのリスクを抱えていると知っておく必要があります。一つは空腹の反動で次の食事に食べ過ぎになってしまいやすいことです。もう一つのリスクとして、空腹の時間が長いと身体にエネルギーを貯蔵しようという動きが強まり、脂肪が蓄えられやすい体質になってしまう点があります。食事を抜かないのがダイエットの効果を高めるのです。

不規則な食事のリズム

食事のリズムの乱れは一見するとそれほど害がないように見えてもダイエットには支障があります。ダイエットクリニック相談に来て、食事内容に問題はないのに痩せられない人として多いパターンの一つです。食事のリズムは一日の身体のリズムと一致しているのが理想的であり、消化吸収のタイミングに合わせて食べると栄養がしっかりと補給されます。食事が不規則になるとリズムが狂ってしまい、栄養不足が起こったり、とったカロリーが脂肪に変換されやすくなったりしてしまう場合が多いのです。そのため、食事のリズムを整える指導はダイエットクリニックでよく行われています。

ダイエットクリニックとは、医師の指導の元、健康的に痩せる事ができる病院の事です。激しい運動や食事制限などは行わず、無理をせずにリバウンドしないダイエットが期待できます。

About The Author